お見合いがきた話

雑記

突然ですが、祖父の妹、所謂大叔母がいて、独身なんですよ。で、彼女は何を生業にしているかというと、何か金持ってそうな人たちが住んでそうな住宅街に家を持っていて、絵画だとかお花の教室を開いてるらしい。

去年の頭に彼女の家に行く機会があったのだが、普通に家族が暮らしてそうな立派な家に1人で住んでた。入り口には自分の名前が入った絵とか置いてて。週に数回教室を開いて、その後は生徒達と一緒にケーキやら食べてお茶を楽しむ、みたいな。話聞くと凄い、金持ちの道楽というか。生徒ってのも恐らく周辺の少しお金に余裕のありそうな主婦様なんだろうな。
所謂、独身貴族というジャンルに当てはまるだろう。元々学校の先生をやっていたようで、家には “なんちゃら全集” とか、“万葉集” 的な分厚い本が何冊も置いてあった。何やら格式高そうな調度品なんかもいっぱい置いていて、それでいて洗濯機は最新のドラム式だった。時流に上手く適合した品のいい婆ちゃん、学もある(ありそうに見えた)、という感じだ。

で、そんな彼女からお見合いの話が来た、という話が1,2ヶ月ほど前に母親から連絡が来た。
お教室に通っている人の娘らしい。医者が大甥にいる、的な話をしたら、是非お見合いを、みたいな感じになったのだとか・・・
その時はそんなに真剣に捉えていなかったというか、“え、マジかよ、あんた絶対そういう事考えてないでしょ” 的に断っといたよ、という連絡だった。というわけで終わったものとして忘れていたのだが・・・

どうやらマジの見合いの申込みが来たらしい。断るにも正式に断る必要がある、みたいな連絡を受けた。
あまり詳細に書くとアレなのでボカすが、なかなかのお家柄らしい。お金持ちっぽい。てか俺より稼いでるだろ、みたいな方だ。
なんでそんなのが大した家でもないウチに話を持ちかけてきたのか。断っといて、という話はしたのだが、なんか母親も満更でも無さそうに “どういう縁があるかわからないからね” と言ってた。

お見合い結婚が悪いとかそういうことはまったく思っていないのだが、今の自分に誰かと共同生活を営んでいくというビジョンがまったく持てない。独身でいれば、今後金銭的に困ることは恐らく無いだろう。実際の労働時間・労働環境、なるまでの手間、将来性を鑑みると、昔ならともかく現在は医者という職業が割に合っているかというのはかなり疑問に思っているところだが、世間的に見れば間違いなく高収入の部類の職業にはなる。医師免許は最強クラスの資格であることは間違いないので、職に困ることもないだろう。

しかし、家庭を持つとなれば話は別だ。妻が稼ぐ額にもよるが、養う人数が増えるとそんなに大した生活は出来ないんじゃないか、と思ってしまうのだ。別に自分が今凄く良い生活を送っているか、と言われると微妙だが・・・
子供が出来たら習い事やらなんやらで金がかかるし、私立の学校に行く、となったら凄いことになるのでは。そう考えると、複数人の子供を持って、私立の中高に行かせて、みたいなことをしていた親というのはとんでもない人間だな。
俺の父親は仕事大好き、出世大好き、仕事が生きがいみたいな人間なので、精力的に働いてお金を作ってくれていた。そのおかげか、俺は中高を私立に通わせてもらった。大学は国立なんで許してくれ、という気持ちだが、まあそれなりに金がかかってるのは間違いないだろう。今母校の学費を調べてみたが、授業料+寮生活+生活費(金遣いが荒いとは思っていないが困らない程度には渡されてた)で、大体月20万弱くらいはかかっていたようだ。俺だったら自分の給料から月20万が引かれると、まあまあテンション下がりそうなんだが。
しかしこう考えると私立医学部というのは本当に狂っているな。一番安い順天堂でさえ、6年の学費だけで2000万だ。更に高額な生活費が加わる。俺視点では私大の人間の金銭感覚というのはかなり狂っている。妹が2人とも私大(医学部ではないが医歯薬系)にいったのだが、その周辺の生活を聞くと頭おかしいんじゃないか、と感じた。長くなるのでまた別の機会にするが。

俺なんかは父親の対極というか、仕事は必要最低限にして、出来るだけ自分の時間を持ちたいタイプだ。そもそも結婚しようと思っても出来るかどうかわからん、俺は自分自身が魅力的な人間であるとは思っていない、のでしょーもない皮算用ではあるが、現状の自分の生活を考えると、誰かと家庭・子供を持つなんてレベルの話はちょっと想像が出来ない、というのが正直なところだ。

雑記

Posted by コル