“TENET テネット” 感想

クリストファー・ノーラン監督製作のSF映画、“TENET テネット”を視聴してきました。

映画館まで行った理由は、同監督の “インターステラー” が以前見たときに面白かったので。
小難しい理屈を並べてSFやってたけど、最後は愛の力でなんとかしてしまうところが“涼宮ハルヒの憂鬱”的な感じで良かったです。
つい最近やってるよ、って知って勢いだけで観に行ってきたので事前情報とかまったく知らずに見に行きました。

評価:良い

ネタバレが問題になる映画かどうか微妙だと感じましたが、以降ネタバレに配慮はしてませんので一応注意。

■ストーリー
9つ集めたら世界が滅ぶ何かを阻止しろ!
もう8個集まってるから最後の1個のプルトニウムを敵に渡すな!

■感想
見ててマジで疲れる。

映画始まって30秒くらいでいきなり事件発生して、そこからノンストップで話が展開されるので息をつく暇がほとんどない。

大きなギミックとして “時の逆行” があり、これが映画全体を何だかわかりにくくしている。
逆行している人間と、そうじゃない人間が入り乱れてのアクション描写は正直、初見だと処理能力が追いつかなく、最終決戦のアクションの詳細はそんなに掴んでないのだが、劇中内で“理解しようとするのではなく、感じろ”みたいなこと言ってたし、そんなもんでいいかな、って気もする。

何だか小難しい作品のような感じもするが、話の大まかな流れ自体は、悪いやつにプルトニウム渡したら世界滅ぶから阻止しろ!と単純で、とりあえず適当に見ても楽しめると思う。
最初に戦った逆行人は実は主人公本人だった、とか、最後に助けてくれた奴は実は相棒だった、黒幕は実は自分だった、辺りは結構王道パターンだから明示される前になんとなく予想は出来た。

もう1回くらい見たら色々整理しやすいかも。
今色々と忙しい時期なので、暇なときに見直そうかな。

芸能無知なんですが、ヒロインの女優すげー身長高くて美人だったな。

■総評
映像の情報量がとにかく多く、見るのに体力を使う作品。
時の逆行を交えたアクションシーンは見応えがあるが、理解が追いつかないシーンも多い。
アクションは難しいが、話の大筋自体は今まで時間移動絡みの物語をいくつか見てきたせいか、そんなに驚きは感じなかった。
アクションとしてもSFとしても楽しめる、複数回の視聴に耐えうる良作。
主人公は君かもしれない。



■主人公は俺だった
映画見た帰り道で、信号待ちしてたら前の車が逆行してきてぶつけられました。

映画

Posted by コル